2014年度の賃金改善、「ある」企業が過去最高 果たして何パーセント?

印刷

   2014年度に賃金改善が「ある」と見込んでいる企業は46.4%で、2006年1月の調査以来、最高となった。帝国データバンクが2月17日、賃金動向に関する企業の意識調査を発表した。また、賃金改善が「ない」企業は29.0%で、前回調査(13年1月)を3.3ポイント下回った。

   賃金改善の具体的な内容は「ベースアップ」が34.0%と、前回調査に比べて2.0%ポイント、「賞与(一時金)」は27.8%と同6.8%ポイントそれぞれ上昇した。

   賃金を改善する理由は、「労働力の定着・確保」が最多。また、「物価動向」や「同業他社の賃金動向」が大きく増加した。改善しない理由では、「自社の業績低迷」が最多となったが、7年ぶりに6割を下回った。

   消費税率の引き上げの影響は、賃金改善の有無にかかわらず4社に1社が理由としてあげた。

   調査期間は1月21~31日。対象は全国2万2834社で、有効回答は1万700社(回答率46.9%)。今回が9回目。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中