2018年 9月 25日 (火)

減らした賞与半額、社員に返還へ パナソニック

印刷

   パナソニックは、業績不振を受けて2013年度に一般社員の賞与を2割カットした額の一部を、14年4月に特別給与を支給する。3月4日、明らかにした。支給総額は約100億円の見込み。13年4~12月期の純利益が過去最高になるなど業績が急回復したので、「経営協力感謝金」として給与に上乗せする。

   対象は、本体とグループの一部社員の約6万人。一般社員は賞与の2割カット分のうち、半分にあたる金額を支給する。単純計算で1人あたり17万円前後になる。管理職は年俸1割カット分のうち、4分の1を支払う。

   現在進めている今春の労使交渉とは切り離して実施する。

   なお、今春の労使交渉でベースアップにあたる賃金改善を6年ぶりに実施する方針を決めている。社員への還元を手厚くし、士気向上につなげる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中