就職ランキングは「20年前の」を見てみよう 「今では…」の企業も大人気だった

印刷

   毎年就職ランキングが発表されると、学生は保守的になったとか、役に立たない人気ランキングだとかいろいろな意見を大人たちが言うようになります。

   たしかに、わたしもこのランキングはほとんど役に立たないとおもうのですが、それでもたったひとつだけ役に立つことがあるとおもいます。

   それは衰退していく企業を知るということです。

衰退に向かうサイクルの途中にある?

人気企業と「いい企業」の関係とは
人気企業と「いい企業」の関係とは

   就職ランキングは、学生が考える、今最も安定していてピークにある企業が並びます。それは逆に、成長期を終え、事業は安定し、徐々に衰退に向かうサイクルの途中にある企業ともいえるのではないでしょうか。

   例えば、20年前の人気企業ランキングの結果をお教えします。

   1993年の文系ランキングです。

1位: ソニー(笑)
2位: 東京海上
3位: 全日本空輸(ANA)
4位: 三井物産
5位: 三菱商事
6位: 三菱銀行
7位:NTT
8位: 日本航空(JAL)(笑)
9位: 松下電器産業(パナソニック)(笑)
10位: 伊藤忠商事

   あれ?まずは1位の企業が今では業績不振にあえいでいますね。さらに、8位の企業は倒産してしまいました(公的支援を受け再建)。9位の企業も経営が厳しいと伝えられています(先ごろ「急回復」したそうですが)。

   「衰退」予想のバロメーターとしては、なかなか素晴らしい結果だとおもいます。なにしろトップ9つのうち3つまでが、今では大変厳しい状況を迎えてしまったのですから。

   1993年当時に新卒で入社したひとは、現在、44-46歳位になっているはずです。ビジネスパーソンとしてキャリアの絶頂期を迎えるはずの大事な時期に、これ等の企業でリストラの可能性の恐怖に怯えなくてはいけないというのは、不幸なことだとおもいます。

キャリアの絶頂期と、会社の絶頂期が重なるように

   成熟した企業では、若いうちは上が詰まっていてなかなか責任がある仕事をまかせてもらえない。一方で、40代の大事な時期に会社が傾いてしまうこともある。職業人の人生としてハードモードになることは間違いありません。

   本来40代のキャリアの絶頂期と、会社の絶頂期が重なる、そういったキャリアがベストです。となると、20年先に絶頂期を迎えるであろう企業を選んで入社するというのが大事なのかもしれません。

   ちなみに今年のランキングを見てみましょう。2014年のダイヤモンド社の企業人気ランキング(文系男子)

1位 三菱商事
2位 住友商事
3位 三菱東京UFJ銀行
4位 伊藤忠商事
5位 東京海上日動火災
6位 丸紅
7位 みずほフィナンシャルグループ
8位 三井住友銀行
9位 三菱UFJ信託銀行
10位 三井物産

   偏よりすぎすね・・・。

   商社と銀行しかありません。これだけ偏ったランキングは私の知る限り初めてです。

   しかし、これだけ偏りがあるということは、学生の人気が集中しているということで、将来の「衰退」予想の的中率も高くなりそうな気がします。

   こうした、仕事選びや就職のヒントに関しては、拙著『英語もできないノースキルの文系学生はどうすればいいのか?』という電子書籍に考えを纏めています。(大石哲之)

大石哲之(おおいし・てつゆき)
作家、コンサルタント。1975年東京生まれ、慶応大学卒業後、アクセンチュアを経てネットベンチャーの創業後、現職。株式会社ティンバーラインパートナーズ代表取締役、日本デジタルマネー協会理事、ほか複数の事業に関わる。作家として「コンサル一年目に学ぶこと」「ノマド化する時代」など、著書多数。ビジネス基礎分野のほか、グローバル化と個人の関係や、デジタルマネーと社会改革などの分野で論説を書いている。ベトナム在住。ブログ「大石哲之のノマド研究所」。ツイッター @tyk97
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中