同期の間でセコく醜い「仁義なき戦い」 「グローバル・リーダー研修の座」争う

印刷

   前回記事で少し触れたように、ある大手メーカーでは、同期から3~4%しか選ばれない「グローバル・リーダー研修」の座を巡って、同期の間でこんな熾烈な戦いが始まったという。

   同メーカーに勤めるA氏が(仮名・36歳)が、語る。

「海外有名MBAと同じプログラムを導入し、グローバルに通用する経営哲学が学べるこの狭き門を掻い潜るため、相当セコイことをする同期が現れました。
   当社では、全世界の拠点で人材データベースを統合、一元管理しており、グローバル・リーダー候補もこのデータベースをもとに選出するらしいのですが、このデータベースに載った自分の情報を書き込むのは、基本自分なんです。でも、今までは、通常誰も、自分のデータを書くなんて面倒臭い事はやってこなかった。そのことへのメリットが見えなかったからです。
   ところが、このデータをもとに今後の出世が決まるって噂が流れた途端、みんな必死で書き込むようになったんです」

プロジェクトマネジメント歴を"盛り気味"に書く

グローバル研修はオレのもの
グローバル研修はオレのもの

   一体、どんなことを書きこむというのか?

「TOEICが900点以上だとか書き込みたい余りに、まず己のTOEICのスコアアップに命を懸ける連中が増えました。それと、プロジェクトマネジメント歴を"盛り気味"に書く連中が増えましたね。
   ほとんど自分がタッチしていないプロジェクトでも、『社内〇〇プロジェクトを牽引』だとかね(笑)。言ったもの勝ちの世界になりつつあります」

   さらに、人事部にいる同期の元に駆け込み、グローバル・リーダー選出に手心を加えてくれるように、宴席をセットし猛烈プッシュする同期。

   仮想ライバルに対し、よくない噂を流す同期の姿なども散見されるという。

ありえないような"回り道"をする人も出没中

   また、社内に巡ったこんな噂から、ありえないような"回り道"をする人も出没中なんだとか。

「"人力クラウド"じゃありませんけど、人事の連中が将来のグローバル・リーダー候補の人間をリアルタイム検索し、周囲の人間の評判やどんな社外活動をしているのかの情報を探っているという噂が流れるや否や、フェイスブックやツイッターでやたらと自身の"プロボノ"活動や海外渡航歴をアピールする人が増えました」

   プロボノとは、ご存じビジネスパーソンが自身の専門性を活かして社会貢献するボランティア活動のことだ。

「でも、実際、そんなことをやっている人のプロボノ活動が全然プロボノになっていないんですよ。公園の掃除をしたとか、近所の緑道の緑化をするボランティアに参加したとか、全然、専門性を活かしてないじゃんって(笑)」

   そこまでしても、グローバル・リーダー候補になりたいのか――。

   A氏は、そうした上昇志向の高い同期に、当初こそあ然としたものの、今や感心し、尊敬までしているそうだ。

   しかし、こうした努力は、グローバル・リーダー研修に選出されるため、本当に役にたっているのか?

   A氏が人事部の同期に尋ねたところ、それが「ほとんど効果なし」だと言うのだ。また、筆者が複数の大手~中堅グローバル企業の人事担当者に聞いたところ、同じような解答を得た。一体、どういうことか?(以下次号、佐藤留美)

佐藤 留美(さとう・るみ)
ライター。企画編集事務所「ブックシェルフ」(2005年設立)代表。1973年東京生まれ。青山学院大学文学部教育学科卒。出版社、人材関連会社勤務を経て、現職。著書に、『資格を取ると貧乏になります』(新潮新書)、『人事が拾う履歴書、聞く面接』(扶桑社)、『凄母』(東洋経済新報社)、『なぜ、勉強しても出世できないのか?』(ソフトバンク新書)、『結婚難民』(小学館101新書)などがある。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中