2020年 12月 5日 (土)

実は恐ろしい「歓迎会あいさつ」の選択 「A先輩が怖いのですが、これから仲良く…」はセーフか

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   4月に新入社員を迎え、職場の仲間と歓迎会――こんな機会が多い季節に、女性の新卒新入社員がさっそく悩みを抱えている。歓迎会のあいさつの際、

「○○さんが怖いのですが、これからコミュニケーションを取っていきたいと思います」

と言ったのだそうだ。質問者は「これはまずかったでしょうか」と問いかけている(Q&Aサイト「OKWave」2014年4月12日)。

   一般的には、話した内容の字面(じづら)だけからは判断が難しい。状況によっては、また、話し方の違いによっては、少しチャレンジングだがユーモラスなあいさつだ、として「ウケた」可能性もあるかもしれない。「○○さん」のキャラクターや職場の位置付けによっても反応は違いそうだ。

これはまずかったでしょうか?

   今回のケースでは、質問者の報告によると、「○○さん」はその後、質問者が帰るときにあいさつしても、あいさつを返してくれないし、「一切話しません」という状況だという。

   ということは、「これはまずかったでしょうか」という質問に対しては、「まずかったようですね」という回答にならざるを得ないようだ。

   実際、14日夕現在で寄せられている回答では、

「逆の立場になって、想像してみましょう」

として、もし自分が同じことを名指しで言われたらどんな気持ちがするか、と問いかけ、

「不適切な言い方をしたことをしっかり謝ったらどうでしょうか」

と勧めている。

   ほかにも、

「最低の挨拶だと思います」

と断じるものもあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中