株主総会の集中日の開催、4割切る 投資家出席しやすく、分散化進む

印刷

   株主総会の集中日に総会を開く企業の割合が2014年に初めて4割を切り、過去最低となる見通しとなった。野村証券のまとめによると、6月2日時点で、14年の集中日の6月27日に総会を開くのは911社で、全体の38.6%にあたる。東京証券取引所が公表する1983年からのデータでは、これまでの最低は2011年の41.2%だった。

   これまでは総会の進行を妨げる「総会屋」などの出席を防ぐために、開催日を集中させる企業が多かったが、2007年に東証が上場規定で分散開催を求めたことや、企業側も投資家がより多くの総会に出席できるよう配慮。開催日の分散を進めている。

   とはいえ、3月期決算の場合、総会の準備作業などのため、経営側が、議決権を株主が行使できる期限の6月末近くに総会の日程を設定する傾向は続いており、14年もほとんどの企業が集中日(6月27日)近くの開催になっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中