部下に「注意をスルーされる」 そんな上司は「やってみせ」が出来てない!

印刷

   前回、生意気な若手社員の中にも意外と素直な人もいるということをお伝えしました。

   良かれと思って指導の一環としてせっかく注意しても

右から左に聞き流される人
「お前に言われたくねーよ」と思われる人

がいますよね。でも

「●●さんに言われたのなら仕方ないな」と相手から信頼されている人

もいますよね。この差は何でしょう?

   彼らが一目置いている存在かどうか、だということです。

一目置かれるには…

背中で見せる
背中で見せる

   一目置かれるには、やるべきことをやっている、憧れの存在、人間力、仕事ができる、

   といったことが要因になるのだと思います。

   問題のある若手社員を良い方向に導くためには、一目置かれる存在になることと部下育成という2つの視点が必要となるわけですが、具体的にどうやればいいのでしょうか。基本は、連合艦隊司令長官、山本五十六の名言

「やってみせ/説いて聞かせて/やらせてみ/ほめてやらねば/人は動かぬ」

です。このスタンスで対応すれば、一目置かれる存在になるのと同時に、部下育成をすることができます。

   人を育てるにあたっては、褒めることが重要とされています。

   褒めて伸ばす部下の育成法という類のものは、セミナーや書籍でたくさんあります。

   もちろん褒めるのは大事ですが、「誰が言うか」ということが重要です。

   私は、褒めるよりもここで言う「やってみせ」が最も重要だと思っています。

   例えば私が、普段遅刻ばかりで時間にだらしない上司から「君は時間をきちんと守っていて素晴らしいね」と言われても、「お前の方がちゃんとやれよ」と思うだけです。面倒な仕事を人に押し付けて上手く逃げる上司に「君の仕事に対する姿勢はとても良いね」と言われても、「お前の姿勢は最低だけどな」と思います。全く心に響きません。

   自分に問題がある場合でも、こういう上司に「ちゃんと時間を守らないとダメじゃないか」とか「嫌な仕事があってもとりあえず受けろ」と言われたら、無視か聞いているフリ、逆ギレのいずれかの対応をするだろうと思います。

野崎大輔(のざき・だいすけ)

大学卒業後に無職、離職を繰り返し社労士として独立し、企業の労使トラブルの解決に奔走する。2013 年7 月に自律型人材育成専門コンサルティングを行うデストロイ・ジャパン株式会社の創業メンバーに加わり、専務取締役に就任。社員が自発的に行動する組織作りに注力している。単著に『できコツ 凡人ができるヤツと思い込まれる50の行動戦略』(講談社)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中