2018年 8月 16日 (木)

佐川男子、佐川女子に続き、「佐川主婦」に注目集まる!?  佐川急便、新「戦力」に主婦1万人採用へ

印刷

   佐川急便は、宅配サービスの配送要員として主婦パートを積極的に採用する。2014年6月19日付の日本経済新聞などが報じた。今後2年で1万人を採用。雑貨など軽量の荷物を1日あたり30個程度、自宅周辺に届けてもらう。

   物流業界は、インターネット通販の拡大で雑貨の取扱量が増えるなど人手不足が深刻。そこで、主婦に家事や子育ての合間の時間を有効活用してもらうことでサービスの向上に努める。2014年度にまず5000人を採用し、2年で1万人にする計画。

   主婦パートは自宅から半径1~3キロの担当エリアを指定。営業所から配送されるエリア内の荷物を自宅などで受け取り、自転車や徒歩で個別に配達する。採用後に研修を実施し、制服や台車などの資材設備は提供する。勤務日、働く時間帯は自由に選べるようにし、同じエリア内に複数のパートを配置する。給与は原則として配達の荷物数に応じた時間勤務。1日3時間、平日5日間働いて月5~8万円の収入となる見通し。

   佐川急便では女性の積極活用を狙いに、親会社のSGホールディングスが3年前に立ち上げた女性活用プロジェクトが成果を上げており、最近はイケメンの「佐川男子」ならぬ、「佐川女子」が注目されているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中