佐川男子、佐川女子に続き、「佐川主婦」に注目集まる!?  佐川急便、新「戦力」に主婦1万人採用へ

印刷

   佐川急便は、宅配サービスの配送要員として主婦パートを積極的に採用する。2014年6月19日付の日本経済新聞などが報じた。今後2年で1万人を採用。雑貨など軽量の荷物を1日あたり30個程度、自宅周辺に届けてもらう。

   物流業界は、インターネット通販の拡大で雑貨の取扱量が増えるなど人手不足が深刻。そこで、主婦に家事や子育ての合間の時間を有効活用してもらうことでサービスの向上に努める。2014年度にまず5000人を採用し、2年で1万人にする計画。

   主婦パートは自宅から半径1~3キロの担当エリアを指定。営業所から配送されるエリア内の荷物を自宅などで受け取り、自転車や徒歩で個別に配達する。採用後に研修を実施し、制服や台車などの資材設備は提供する。勤務日、働く時間帯は自由に選べるようにし、同じエリア内に複数のパートを配置する。給与は原則として配達の荷物数に応じた時間勤務。1日3時間、平日5日間働いて月5~8万円の収入となる見通し。

   佐川急便では女性の積極活用を狙いに、親会社のSGホールディングスが3年前に立ち上げた女性活用プロジェクトが成果を上げており、最近はイケメンの「佐川男子」ならぬ、「佐川女子」が注目されているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中