2021年 9月 26日 (日)

どう見る「ゴーン氏報酬」9億9500万円 「国内歴代3位」に疑問?「世界では高くない」に納得?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

「やっぱり批判されてるのか」、はどちらの意味?

   一方、「日本が低い」論では、たとえば、米誌フォーブスによる米国の高額年俸経営者(Chief Executives)ランキング100(2012年)をみると、「100位」(半導体メーカーのテキサス・インスツルメンツ)で、約15億6500万円(1536万ドル)と、すでにゴーン氏を上回っている。自動車メーカーでは、

フォード・モーター(54位、約21億2300万円=2083.5万ドル=)

が目についた。

   また、同上朝日記事では、ドイツのダイムラー会長(11億5000万円)といった数字も紹介している。

   ツイッターでは、ゴーン氏らの「日本が低い」の主張に賛同する声や、「日産ってそんなに儲かってんのか」と疑問を示す意見などが寄せられていた。

   なかには、

「やっぱり批判されてるのか」

というつぶやきもあったが、これは

「世界的に見れば高くないのに、日本ではこれまでも批判されてきたが、今年もやっぱり…」

という趣旨なのか、

「当然、この報酬は高い。やっぱり…」

という意味なのかは、よく分からない。

   「やっぱり批判されてるのか」を一読した際、上記のどちらの意味に捉える読者の方が多いのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中