2018年 5月 25日 (金)

インターンの青田買い防げるか 17年ぶり指針改定

印刷

   文部科学省などが大学生のインターンシップ(就業体験)のあり方を定めた指針を17年ぶりに改定、インターンを通じた解禁前の採用活動を自粛するよう企業側に求めている。実態調査も検討中。日本経済新聞が2014年7月7日、報じた。インターンは、参加学生が年々増加する一方で解禁前に内定を出す「ルール破り」も指摘されている。

   指針は1997年に、大学や産業界にインターンの基本的な枠組みを示すため、初めて策定された。政府が2013年6月にまとめた成長戦略でインターンの活用促進を掲げたことを受けて、文部科学省と厚生労働省、経済産業省で今春に見直した。

   一方、日本経済団体連合会は13年7月、学業への影響を抑えるため、新卒学生の採用選考の解禁時期を2016年卒から大学4年の8月からと決めた。しかし、景気回復を受けて優秀な人材を早く確保したい企業の中には、解禁前にインターンを通じて事実上の採用活動を行う「青田買い」も少なくない、との指摘もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中