2019年 12月 8日 (日)

35歳以上の「転職成功」に変化の兆し 「転職4回目以上ですが、何か問題でも?」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   会社員生活を送る中で、転職を考えたことがあるという人は少なくないだろう。転職支援サイトDODAは、「転職は何回までできる?『転職回数』と『転職成功』の関係性」の記事で、 転職経験のあるビジネスパーソンを対象にした調査結果を発表した(2014年7月14日)。

   調査結果の「転職したい人の推移」を見ると、2013年度の転職希望者は12年度より増加し、特に転職は「初めて」だという層では、約4.5ポイントと1ポイント以上の伸びとなった(07年度の「4回目以上」を1とした比較)。「2回目」「3回目」「4回目以上」のいずれの層でも上昇している。

転職マーケットが売り手市場に変化

「転職は4回目です」。「そうですか。私は5回目です」。
「転職は4回目です」。「そうですか。私は5回目です」。

   また、「転職成功した人の転職回数別の割合」の数値を2012年度と2013年度とで比べてみると、「3回目」「4回目以上」の人が占める割合がいずれも微増した。それぞれ、10数%と約10%に伸びる一方、最多を占める「初めて」は低下した。

   この結果について記事では、「転職マーケットが売り手市場に変化して、採用企業側が転職回数以上にキャリアやスキル、ポテンシャルを重視するようになってきたため」と分析している。

   さらに、実際に転職回数の多い人材を採用した経験のある人事担当者の声として、転職回数が多いことは気になったが、面接で会ったところ「求める人物像に非常に近しい方で、これまでの転職理由も合点がいくものだったので、マイナス評価にはならなかった」とのケースも紹介されていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中