2020年 12月 2日 (水)

「女性の愛情ホルモンを増やす」呼びかけ方

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   女性がファーストネーム(名前)で呼ばれると、愛情ホルモンが増えて、コミュニケーションもスムーズに――

   ポーラ・オルビスホールディングス傘下のポーラ化成工業が実施した調査で、こんな結果が出た。ポーラ・オルビスグループは調査結果を新製品のブランド展開などに生かしたい考えだ。

「ファーストネーム」だと平均濃度が上昇

「ストレスホルモン」は減少した
「ストレスホルモン」は減少した

   調査は2014年4月、3歳以上12歳未満の子供をもつ30代の女性で、普段はファーストネームで呼ばれていないという19人を対象に実施。女性たちに対し、初対面の人が15分間、ファーストネームで呼び掛ける前後に、女性の口内の唾液を採取してホルモンなどを分析したほか、アンケートに答えてもらう方法で行った。

   それによると、女性が初対面の人からファーストネームで呼び掛けられた場合、愛情ホルモンとも呼ばれる物質「オキシトシン」の唾液中の平均濃度は1ミリリットル当たり5.1ピコグラム(ピコは1兆分の1)で、呼び掛けられる前の同4.4ピコグラムより0.7ピコグラム上昇した。オキシトシンは、出産や母乳の分泌を促すホルモンで、愛情や信頼、幸福感と深い関係があるとされている。最近の別の調査では、ボディタッチでもオキシトシンが増加することが確認されているといい、ファーストネームで呼ばれた場合も同じような効果が生じることが分かった。

   一方、ストレスホルモンとも呼ばれる物質「コルチゾール」についても調べたところ、女子がファーストネームで呼び掛けられた場合の平均濃度は唾液1デシリットル中0.224マイクログラム(マイクロは100万分の1)で、呼び掛けられる以前の同0.256マイクログラムに比べ、0.032マイクログラム減少した。コルチゾールは、過度な心理的ストレスを受けると分泌量が増えるとされており、ファーストネームでの呼び掛けによってストレスが和らぐ効果が表れたことになる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中