2019年 5月 26日 (日)

ベトナムでも重宝される「日本人だからできる仕事」とは

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   先月、ベトナムでいくつかの人材会社の方々と話をしてきました。

   ベトナムは、この数年経済成長真っ盛りで、日本人を含む求人案件が非常に増えており、人材会社の業績はうなぎ登りのようです。

   そして、人材会社はベトナム国内向けの人材紹介だけではなく、新たなビジネスも始めていました。それが、日本向けのベトナム人の紹介です。

ベトナム人のIT技術者を日本企業に紹介

キラキラしたスターバックスとバイクの海が広がるホーチミンシティ
キラキラしたスターバックスとバイクの海が広がるホーチミンシティ

   ベトナムは、他の東南アジア諸国と比べると非常に真面目な人が多く、特にIT技術者に優秀な人材が多いです。元々IT技術者はインド人、中国人などが多いのですが、最近はベトナム人も増えているのです。

   また、「日本語を話せれば、日系の会社に勤めて高い給料をもらえる」ということもあり、日本語が話せる人も増えています。

   そこで、人材会社は、ベトナム人のIT技術者を日本にある日本企業に紹介しているのです。

   実は、私は2年以上前からベトナム人のデザイナーの方に仕事を依頼しています。彼女は日本語検定1級を持っているだけでなく、漢字検定2級までもっています(ついでに日商簿記3級まで持っています)。

   彼女とのメールのやり取りは、外国人とやり取りをしているのを忘れるくらい綺麗な日本語であり、敬語もしっかり使えています(多くの日本人大学生の方が、よっぽど怪しい敬語です)。詳細まで説明しなくても、先回りして仕事をこなしてくれるので、やり取りもスムーズです。

   そんな優秀な人が、大学生のバイトよりも遙かに安い料金で仕事をしてくれるのです。

   では、彼女のようなベトナム人が日本にたくさんきたら、すぐに日本人のIT技術者が駆逐されてしまうんでしょうか?私はそうは思いません。

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中