2019年 10月 16日 (水)

「部長、あなたの責任だ!」と吼える社長自身の「責任」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   輸入雑貨販売店舗を複数店経営するG社のT社長、久しぶりにお目にかかったのですが、いきなりスタッフに対する不平不満が口を突いて出ました。

「とにかく今朝の話を聞いてくれ。抜き打ちで開店直後のC店に顔を出したのだけど、今日から始まったキャンペーンで値下げになっているハズの商品のプライスが書き変わってない。店長もマネージャーも全くノーケア。『お前ら、売る気あるのかー!』と一発怒鳴って帰ってきたわい」

店舗が増えてきて、その運営がルーズになっている

いつやるの?IT化。 ●●でしょ
いつやるの?IT化。 ●●でしょ

   G社は創業15年。現在11店舗を構え、本社を含めた社員数は約50人、臨時雇用を入れれば100人を優に超えています。T社長によれば、こういう現場の不手際は5年前までは考えられなかったことだと言います。

「ここに来て店舗が増えてきて、その運営がルーズになっている。管理している本社の店舗管理が慣れっこで、各店をしっかり見ていないからこういうことになるんだ」

   そう言うといきなり、ナンバー2で現場を統括する取締役で部長のSさんを呼びつけて、今朝の一部始終を話し「本社の管理がなってない」と厳しく叱責しました。Sさんはまじめ一筋のタイプで、当社立ち上げ直後に社長に請われて転職しほぼ二人でスタート。主に社内管理を担当し、二人三脚で会社を支えてきたいわば社長の「右腕」です。

「S部長、会社が大きくなるにつれて、どうも君の仕事ぶりが荒くなった気がするよ。悪い言い方をすれば手抜きかなと。ここまで順調に伸びてきた会社が今足踏み状態にあるのは、現場が効率的に機能していないから。それは部長、あなたの責任ですよ」

   個人攻撃ともとれるかなり厳しい物言いが続いたところで、社長に急な来客が入ってしばらく席を外すことに。その隙にS部長に、以前と比べて管理が甘くなった原因について思い当たることはないかを、たずねてみました。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中