2019年 8月 24日 (土)

寝坊で会社に大迷惑・・・ 何年経っても「トラウマ」に

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   先日、東京メトロの駅員が寝坊し、始発電車の発車が遅れるというニュースがあった。駅員ほど分刻みの仕事をしていない人でも、寝坊で「ヒヤリ」とした経験がある人は少なくない。中には、若手時代の「寝坊」経験が、その後もトラウマになってしまう人もいる。

駅員が「寝坊」がニュースに

あっちゃ~
あっちゃ~

   今月(2014年10月)15日朝、東京メトロ丸ノ内線南阿佐ケ谷駅で、宿直明けの駅員2人が「寝坊」し、利用客が始発電車に乗れないトラブルがあった。新聞報道などによると、駅員は午前4時半に目覚まし時計のアラームで起きたものの、再び眠ってしまったという。始発電車が到着した際、駅はシャッターが閉まっており、中に入れずに30人以上が始発電車を利用できなかった。2人はその後、総合指令所からの連絡で起床した。

   多くの乗客に影響が出る鉄道関連の仕事には、厳しい時間管理が求められる。とはいえ、寝坊したくらいで、ニュースになるなんて......と、複雑な思いを抱く人もいるようだ。ツイッターでは、「朝は寒い時期だし、これは責められない」、「笑って許してあげてほしい」などの声もあれば、「海外じゃこんなことニュースにならないんだろうな。要するに日本人は、ほぼ毎日時間通りに仕事をしているということ」と、日本企業の時間に厳しい体質を指摘する人もいた。

   長いビジネスパーソン人生で、一度も「寝坊をしたことがない」人は、少ないのかもしれない。中には、寝坊して上司に電話で起こされたことが、トラウマになる人もいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中