あるT大生の率直すぎる回答 「彼の辞書」に謙遜の文字はない

印刷

   先日、俗に進学校といわれる高校にお邪魔した。その際、ふと壁に目をやると、後輩へのメッセージというコーナーがあり、「大学に現役合格した」先輩のアンケート結果が貼られていた。

   まあ、こういうものは「勉学意欲を高める」目的だろうからなぁ~、と思って眺めてみると......あんのじょう、有名どころの私立大学とか、地方国立大の医学部とかばっかり。それ以外にも進学しているはずだけど、まあ貼らないだろうなぁ。

将来就きたい職業は?

載ってるかな・・・
載ってるかな・・・
問:将来就きたい職業は?
答:「卒業後は研究者か、技術系の職業に就きたいと思っています」
答2:「学んだ知識を活かして、高齢化社会を見据えて地域医療に貢献したいと思っています」

   さすがに立派なことを書いているな。爪の垢でも頂いて、うちの学生たちに煎じて飲ませたい...

   お~、あった、あった、T大学だ。確か、この高校は毎年複数名T大学合格者がいたな。ん、なに、なに...

問:将来就きたい職業は?
答:「官僚」

と一言......さすが、T大だ。いっそ「キャリア」と書いとけばスッキリしただろうに。まあ、まずうちの学生からは聞けない職業だな。せいぜい、国家公務員とか、地方公務員ぐらいの区別かなぁ~。具体的に警察官とか消防士ぐらいの事は言うけどね。

小さいころから賢かったんだろう? 「ハイ」

   そういえば、私のかつての知り合いで、T大に現役合格した男がいた。彼は小学校1年の時、「お楽しみ会」でひどい目にあったらしい。

   クイズ担当という事で練りに練った問題を披露した。

「さて、問題です。毎日飲むウィスキーはなんでしょう」
クラス:ざわざわ、ざわざわ。「なんだ?ウィなんとかって??」
「皆さんわかりませんか?では、答えです。『ニッカウィ(ヰ)スキー』です」
クラス:シーン......

の後、

「なんだよ!そのどこが『こたえ』なんだよ!! だいたい、なんだ?ニッカウィスキーって...」

とさんざんな言われようだったそうだ。

   まあ、そうだろうな~。小学1年生に「日課(ニッカ)」は難しいだろう。まず、「ウィスキー」さえ分からない子もいたんじゃないかな。問題をつくった彼は、「物知り」だったわけだ。今なら、NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」を見て、ウィスキーを知っている小学低学年の児童もいそうだが。

   その彼、何事も経験だという事で大学生時代に「肉体労働系」のアルバイトをした。

   そこでの休み時間に

「にいちゃん、T大なんだって。頭いいんだなぁ~。小さいころから賢かったんだろう?」

という、「この道一筋です」っていうおっちゃんの問いかけに、真顔で、

「ハイ」

と答えたという。どうやら彼の辞書には謙遜という文字はないらしい。やっぱり、うちの学生に「爪の垢」を煎じて飲ませるのはやめておこう。(プロフェッサーXYZ)

プロフェッサーXYZ(えっくすわいじぃー)

国立大学を卒業し大学院修了後、助手として勤務。現在は東日本の私立大学の教授であり、フラスコを持ったリケジョの研究指導をしたり、シュレディンガー方程式に頭を悩ませる男子学生の教育を行ったりしている。受験戦争世代と言われた時代から、バブル世代、ゆとり世代、そして、ゆとりは終わった?という現代まで様々な教育・研究現場を肌で体験している。大学教育のみならず初等~高等教育の現場とかかわりを持ち、日々「良い教育は?」の答えを模索し続けている。ちなみにカクテル好きというわけではない、下戸である。また、「猫」も飼っていない。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中