女性管理職の割合、政府目標「3割」は低すぎる?

印刷

   住友生命保険は、女性管理職の割合を2020年度末に政府目標(30%)を上回る33%に高める。2014年11月7日付の日本経済新聞が報じた。女性が大半を占める営業職員だけでなく、内勤の職員も含めた女性の活用を強化する。内勤職員について、女性職員の研修や将来のキャリアプラン作成などに取り組み、今年4月に12%だった内勤管理職の女性比率を20年度末までに倍近くの21%に引き上げる計画。

   また、第一生命保険が2020年に30%をめざす目標の上方修正を検討。日本生命保険は14年4月現在435人(12.3%)いる管理職を18年4月には520人に増やす。明治安田生命保険は17年4月までに20%以上にする。朝日生命保険も20年度末に女性管理職の割合を30%に、太陽生命保険は18年4月に20%以上、大同生命保険は20年4月に15%以上とする目標を立てるという。

   生命保険業界は営業職員を中心に女性の割合が多く、これまでも女性の就業支援には意欲的に取り組んできた。ただ、それでも政府が掲げる「女性管理職3割」のハードルは低くないようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中