2020年 9月 21日 (月)

「餃子の王将中国撤退」に見る、日本風と現地化のバランスの難しさ

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   先日、餃子の王将が中国から撤退するという記事がでていて、J-CASTニュースでも取り上げていました。「『なるほど、そうだったのか』 餃子の王将が中国から撤退した素朴すぎる理由」(2014年11月7日)。

   理由はいろいろあるのですが、「そもそも中国では餃子をご飯と一緒に食べない」というのは、カンボジアのカレー屋で苦労していることと被って、共感してしまいます。

「クメール語も読めないカンボジアンも結構いる」

個人的には、右側の看板ものすごくお気に入りなのですが・・・
個人的には、右側の看板ものすごくお気に入りなのですが・・・

   海外で商売をしていて分かることは「日本人がいいと思うことは、必ずしも外国人もいいと思うわけではない」ということです。例えば、上の写真の2つの看板、皆さんどっちがイケてる看板だと思いますか?

   サムライカレーの研修生が看板に記載することを決め、とりあえずパワーポイントにまとめたのが左の看板。それを元に、日本人のデザイナーの方に作ってもらったのが右の看板です。さて、カンボジア人スタッフにこのふたつを見せて、どちらがいいといったでしょうか?

   話の流れから明らかだと思いますが、答えは左です。

   なぜか。まず、この看板を作る際に行った路上のアンケートとりに立ち戻って考えてみます。

   サムライカレープロジェクトの研修の一環として、店の周りのカンボジア人50人にアンケートを取ったとき、研修生は最初英語でアンケート用紙を作って回答をもらおうとしていました。しかし、全然集まらない。なぜなら、プノンペンのちょっと郊外にあるサムライカレー店舗の周りのカンボジア人のほとんどは英語が読めないからです。

   この時点で、英語で書かれている看板は駄目だということです。

   そこで、カンボジア人スタッフにこの英語のアンケートをクメール語に訳して書いてもらい、アンケートを行ったところ、回収率は50%程度でした。この回収率の低さの原因のひとつは「クメール語も読めないカンボジアンも結構いる」です。

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中