2020年 9月 18日 (金)

ギリギリOKの「寝だめ」時間とは これを超えると「疲れやすく」

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

   毎日忙しく働くビジネスパーソンにとって、待ちに待った休日。行楽を楽しむ人もいるが、日頃の疲れや睡眠不足をたくさん寝て解消しようとする、いわゆる「寝だめ」に費やす人も少なくないだろう。

   「寝れば寝るだけ疲れは取れる」と思っている人もいるかもしれないが、要注意だ。専門家によると、「寝だめすると逆に疲れやすい体になる」という。

体内時計の乱れが目覚めの悪さにつながる

布団でダラダラ、幸せだけど...
布団でダラダラ、幸せだけど...

   週刊誌「SPA!」のオンライン版「日刊SPA!」に、「要注意!週末の『寝だめ』は逆に疲れやすい身体になる」という記事が掲載された(2014年11月23日)。

   睡眠改善インストラクターの矢部亜由美氏によると、人間の体内時計には個人差があり、1日24時間ぴったりではない人が多いが、毎朝強い光を浴びることで地球の24時間に合わせることができるのだという。休日にたくさん寝ることでこのリズムを崩すと、「体内時計が乱れ、休み明けの目覚めの悪さに繋がってしまいます」。

   ツイッターではこの記事に対し、「これはまずいな(汗)」「ガッツリ日中爆睡した直後の俺には耳が痛い記事だ」「わかってはいるのだが、、、布団が俺を読んでいる、、。」など、「寝だめ」が習慣となってしまっている人からの反応が相次いだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中