2020年 7月 16日 (木)

「クールジャパンの色」外国人に説明できる? 朱鷺色、えび色・・・

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   経済産業省が推進する「クールジャパン」のプロジェクトの一環としてはめずらしい、Eコマースサイトとセレクトショップ(東京都渋谷区)が今月(2014年12月)オープンした。日本のクリエイターが手作りした14のブランドの商品を紹介・販売している。

   ただ商品を並べているのではなく、日本の「伝統色」があしらわれたものだけを集めているのがユニークだ。そもそも伝統色とは、日本ならではの色彩感覚に基づいたもので、過去の歴史資料において出典がある色は1000を超える。

伝統色グッズのEコマースサイト

北斎の浮世絵風のポロシャツ
北斎の浮世絵風のポロシャツ

   たとえば、山葡萄の熟した実の色に名前が由来するやや淡い赤紫色の「葡萄(えび)色」のトートバックや、朱鷺(とき)の翼の下面の色に名前が由来する朱色がかった濃いピンクの「朱鷺色」のコーヒーカップ、墨の五彩である濃、焦、重、淡、清の焦にあたる黒に近い灰黒色の「墨(すみ)色」の播州刃物の洋裁ばさみなどがならぶ。

   このほか、墨田区の企業が製作した、北斎の浮世絵からヒントを得て海の夕焼けをイメージしたプリントポロシャツ、枯山水をイメージした緩やかなカーブを描く「日本庭園マフラー 」などは、特に日本らしさが際立っているといえるだろう。

   Eコマースサイトは、ファッションECサイト「IROYA」内で、「ショップインショップ」の形式で展開される。このサイトは他の媒体とも連動。雑誌「Discover Japan 2015年1月号」の誌面では、商品の中でも目利きの編集員がオススメするものを掲載。誌面にはサイトのURLも記載されるため、読者はその場で閲覧・購入することができる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中