2020年 9月 25日 (金)

企画バカVSプログラミングばか 会社に不要なのはどちら?

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   IT企業において、プログラマーと企画職の意見はぶつかりがちだ。例えば、プログラマーからすると「無茶な企画を押し付けられている」「お前がプログラム組んでみろ」、企画職からすると「こっちだって板挟みで大変なんだよ」「だったらそっちは企画できんのか」といった具合だ。

   そんな「プログラマーVS企画職」についての、「ネットベンチャーに『企画しかできない人』はいらない」という辛らつな見出しのブログ記事が賛否両論で盛り上がっている。「理解できる」という声が多い反面、完全には同意できないという人も少なくない。

「文系の企画は、論理的思考能力がない人がめちゃくちゃ多い」

企画職はつらいよ!?
企画職はつらいよ!?

   話題のブログは、実業家・ブロガーの村上福之氏によるもので、2014年11月20日に公開された。

   「文系でプログラム経験がなくて企画しかやってきてない人は、論理的思考能力がない人がめちゃくちゃ多い」として、「GPSがすごい正確で一瞬で位置を取得できることを前提にしたアプリの企画とか、(中略)プッシュ通知しまくるクソアプリとか、アプリの更新とデータ更新の切り分けが分かってないとか、お前の状態遷移を修正している時間のほうが時間が掛かる企画」を持ってくるという。「ヒットしないと分かっているものを作っているときがいちばんつらいし、それを実装することに時間をかけている自分もつらい」と、そうした企画職に対峙した時の気持ちをつづっている。

「企画しかできやん『面白い企画あるんですよ』ってしょっちゅう言っている人間は正直いらないし、お前の企画はだいたい面白くない」

と、厳しい言葉でブログを締めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中