2021年 5月 8日 (土)

同期は「ライバル」か「仲間」か

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「同期」は日本特有?

   「男性にとって『同期』は、やっかいな存在」という五百田氏の主張には、賛否両論あるようだ。ツイッターでは、「めちゃめちゃ分かる・・・」と共感を示す人も目立つ。「同期の男性社員たちを前にして、どっちが出世しているかを話題にするのはタブー」と言う人もいた。どちらか片方のコンプレックスを指摘して、関係をぎくしゃくさせてしまうからだろう。

   一方で、「こんなん思ったことないわ、どこの話だよ」「一概には云えないと思う。僕にとって同期は最高の仲間!」という人もいる。

   同期との関係は、会社によっても、多少異なるようだ。「ストレスフルな環境下にある対等の男性集団は、強い絆を深める方向に向かう気がするけど・・・」という人もいる。会社の労働環境が厳しいと、同期と競い合うどころか、自分のことで精一杯になってしまうのかもしれない。また、「『同期』って、英語にはないからなー。欧米では、入社年次とか意識しないし」と、「同期」という概念そのものが、日本特有だと指摘するつぶやきもあった。(KH)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中