忘年会シーズン、財布には「いくら」入れておくべきか

印刷

   忘・新年会など、何かと物入りな時期。いつの間にか財布の中身がすっからかん・・・なんてことも、あるだろう。ただ、ここぞという時に現金が足りず、「ちょっとだけ、貸して!」と同僚にお願いしたり、ATMに走ったりするのは、ビジネスパーソンとして、ちょっと恥ずかしいかも。備えあれば憂いなしというが、一体「現金」は、いくら持ち歩くべきなのか。

自分の分だけでなく・・・

財布の中には・・・
財布の中には・・・

   経験則から生まれたのか、「財布には『年齢×1000円』を入れておくべき」という説が、従来からある。最近、人気ブロガーのコラムがきっかけとなり、あらためて注目された。「こかげ」氏による「財布の中には年齢×1000円は持っておいた方がいいよという上司のアドバイスが実際役立った話」(2014年12月4日)では、彼が若手の頃、上司から、「一人前の大人なら財布の中には年齢×1000円は持っておいた方がいいよ」とアドバイスされたという話が載っている。30歳なら3万円、40歳なら4万円が必要ということだ。

   それだけの金額を持ち歩いておくべき理由は、上司いわく、「突然出会った女性と良い感じになったらどうするの?」とのこと。何事にも、手抜かりなく・・・ということだろうか。ともかく、それ以来、彼は念のため「上司の言う通りにすることにした」という。

   そして迎えた、次の忘年会。彼は思いがけず、泥酔した後輩を介抱することになる。気づけば終電は、とっくになし。結果的に、多めに持っていた現金で、後輩のタクシー代を出してあげることができた。年齢とともに責任感は増し、人間関係は広がっていく。「要は自分の分だけじゃなく、他の人の分も面倒見れるように」なる必要があることから、「年齢×1000円は良い感じの金額」という。同じようなアドバイスをされた人も、いるかもしれない。

「30代男性なら『いつも財布に10万円』」の時代も

   年齢に応じた責任と余裕を、「持ち歩く現金」に反映させるべき・・・。「財布の中身は『年齢×1000円』が役に立つ」という「こかげ」氏のブログには、1週間程度で600件を超えるツイッターの反応があった。

   「なるほどー!納得できるなぁ」、「収入の多さにもよるけど、たしかにそう言う風に、お金のマージン取っとくのは大事かもね」と、共感を示す声もあれば、「そんなに持ち歩けないよ・・・」「月末になると無理」など、厳しいフトコロ事情を吐露する人も。

   また、「90年代は、30代男性が『いつも財布に10万円』と言われてた。年齢×1000円とは、だいぶ安くなったものだ」と、羽振りの良かった時代を思い返す人もいる。

   実際、みんないくら持ち歩いているのか。少し古い数字になるが、ネットマーケティングのアイシェア(本社・東京)が、同社の会員2664人(既婚者1263人、未婚者1401人)を対象に「財布の中身」を尋ねたところ、30代で最も多かったのは、「1万円~3万円未満」で43.9%だった。次いで「5000円~1万円未満」(23.4%)、「2000円~5000円未満」(13.8%)、「3万円~5万円未満」(9.9%)の順で、約86%が「財布の中身は3万円未満」だった。40代も同様の傾向で、8割近くが「3万円未満」だった。「3万~5万円未満」は14.2%、「5万円~10万円未満」は5.1%にとどまった。「年齢×1000円」より少な目の額の人が多数派だ。(2010年11月11日公表)。

   最近では、電子マネーやクレジット払いも普及していることから、「全部Suicaなので、財布のなかに30円くらいしかなく、そのまま1週間すごしたりしてる」という人もいた。10万円から30円まで、現代ビジネスパーソンの「財布の中身」は、様々なようだ。あなたの財布には、今、いくら入っていますか?(KH)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中