年賀状を出す人は「年収が高く、出世も早い」説 あなたの周囲の実態は?

印刷

   年賀状の準備はお済みだろうか。仕事上の付き合いで送る場合も多く、正直「面倒臭い」「来たら返事すればいいか・・・」という人は少なくないだろう。

   そんな中、ビジネスパーソンが年賀状を送りたくなる!?ような調査結果が発表された。「年賀状を送っている人は年収が高く、出世が早い」のだという。

「年賀状を有効活用している人ほど出世が早い傾向」!?

年賀状、送る?
年賀状、送る?

   トレンド総研は2014年12月11日、「ビジネスシーンでの年賀状にみる年収・出世の実態」についてのアンケート調査の結果を発表した。対象は、20~50代までの会社員・男女500人。

   社内の人に年賀状を「送っている人」と「送っていない」人に分け、年収を比較したところ、「送っている」人の平均年収は535万円なのに対し、「送っていない」人は395万円で、実に140万円もの差があった。年代別では、20代で33万、30代で137万、40代で108万、50代で215万の差がみられたという。

   年賀状の送付と役職の有無の関連をみてみると、「送っている」人のうち「役職に就いている」人は40%で、「送っていない」人の中では13%にとどまった。

   「出世スピード」と年賀状の関係について聞くと、「自分は昇進・昇格のスピードが早いと思う」と答えた割合は、「送っている」人で65%、「送っていない」人では35%だった。トレンド総研は「年賀状を社内コミュニケーションツールとして有効活用している人ほど、出世が早い傾向があると言えそう」としている。

   さらに「恋人、または配偶者がいる」人は「送っている」が76%、「送っていない」が56%。特に20代では、「送っている」が78%、「送っていない」が49%という差が付いてしまったという。

「出世したから年賀状を送るべき相手が増えただけでは・・・」

   同総研のリポートのなかで、マナー講師の美月あきこ氏は、

「年賀状を送る習慣がある方には筆まめな方が多く、メールや電話なども含め、コミュニケーションが得意な傾向があります。トップセールスマンはビジネスでもプライベートでも相手の懐に入るのが上手だと言われますが、それは人とのつながりを大切にし、人とのコミュニケーションに敏感だからです」

と指摘。人は手書きの文字の方が印象に残りやすい、とした上で、「年賀状を送る際には手書きの一言で、印象に残る『生きたコミュニケーション』を意識してください」とアドバイスしている。

   こんな調査結果が出たが、ネット上ではいぶかる声も多い。

「単純に年収が多い奴は人脈が広く年賀状を出さざるを得ないってだけ。相手が送ってくるから返さないといかんしな」
「年賀状を上司に送ることにより早い出世・デキるサラリーマンと言いたいらしいが、年収が高いから年賀状する余裕あるんじゃねーのとしか思えなかった」
「出世したから年賀状を送るべき相手が増えたというニワトリが先かタマゴが先かというものと変わらん」

   また、「今の時代会社の人の住所は個人情報だからシークレットなんだよな」「社員の住所が教えられていない場合は、どないすんのーw」と、「送ろうったってできないんだ」という声もあった。

   一方、「年賀状は送ろうよ、最低限のマナーでしょ・・・ 当たり前だから。小学生だって年賀状書くじゃん!」と、年収云々は関係なく「送るべき」との意見も。

   確かに手間のかかる作業ではあるが、「もしかしたら年収UPや出世につながるかも」と思いながら取り組めば、例年よりはかどるかもしれない。(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中