「社外秘」資料がネット検索でざくざく発掘!? あなたの会社は大丈夫か

印刷

   2014年は企業の情報漏えい発覚が度々騒がれた年だった。ベネッセやJALなど一流企業の漏えいを受け、改めて情報管理体制を強化した企業もあっただろう。

   そんな中、またしても企業の情報管理が「甘い!?」と思われるような事態が発生している。何と、一部ネット上で「Google検索で社外秘資料が見られる!」と騒がれているのだ。

「ウチの社内のはないよな・・・」と戦々恐々

あなたの会社は大丈夫?
あなたの会社は大丈夫?

   騒ぎの発端となったのは、2015年1月6日に投稿されたこんなツイートだ。

「Googleの検索欄にfiletype:pdfと入れるとpdfファイルを検索してくれるので、一部の論文を検索するのに便利な時があるのだけど ふと『filetype:pdf 社外秘』で検索かけたら、なんか首がたくさん飛びそうな結果が出た」

   ツイートに添付された検索結果のスクリーンショットには、「社外秘」「依頼書」「同意書」などの単語が並び、何となく物々しい雰囲気を感じさせた。

   このツイートが拡散され、「いいのか、これ ウチの社内のはないよな・・・」「日本企業の情報の取り扱い方がザルすぎる」「自分の会社名をくっつけて検索してホッとしていますw」など、多数の反応が寄せられた。

騒動後に消えたPDFファイルも

   戦々恐々とする人々が続出した一方で、「別に大したことじゃないよ」と指摘する声も上がった。

   15年1月18日時点で「filetype:pdf 社外秘」でヒットするページをいくつか見てみると、記入後に「社外秘」とされる依頼書や申請書類のテンプレートや、あまり重大な情報は記載されていないとみられる営業資料が多い。ツイート主も含め、単語の物々しさに釣られて「何かヤバそう」という空気が広がった、ということかもしれない。

   ただ、この騒動の影響か、ツイートが投稿された時点ではヒットしていたPDFファイルのうち、1月18日までにURLをクリックしても見られなくなったものもあり、そうしたものは本当に社外秘ファイルだったのかもしれない。(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中