ビル・ゲイツ氏が「最高のビジネス書」と紹介した本

印刷

   『人と企業はどこで間違えるのか? 成功と失敗の本質を探る「10の物語」』(著ジョン・ブルックス、訳須川綾子、ダイヤモンド社)。2014年12月発売。1800円(税別)。出版社サイトによると、

「ビル・ゲイツとウォーレン・バフェットがともに最高のビジネス書と絶賛した知られざる古典。フォード、GE、ゼロックスなどの経営者たち、ウォール街のブローカー、引退後のビジネスマンなどの10の物語を通して、彼らがその人生やビジネスにおいて『どこで間違えたのか(あるいは間違えなかったのか)』を明らかにする」

   上記冒頭のエピソードは、ビル・ゲイツ氏のウォール・ストリート・ジャーナルへの寄稿(日本語版2014年7月14日)からも、うかがえる。ゲイツ氏は20年以上前、バフェット氏からこの本を推薦してもらい、以来「私が今まで読んだ中で最高のビジネス書であり続けている」と紹介している。


   この本に対するあなたの「読みたい度」は、どれくらいですか?記事下の「1クリック投票」からご参加ください。コメントもお待ちしています。リンク先の出版社サイトもご覧ください。

『人と企業はどこで間違えるのか? 成功と失敗の本質を探る「10の物語」』
『人と企業はどこで間違えるのか? 成功と失敗の本質を探る「10の物語」』
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中