「条件にはこだわらないが仕事がない」人は過去10年で最少に 2014年は●%だった

印刷

   1年以上仕事を探している長期失業者が減っている。総務省が2015年2月17日に発表した2014年の労働力調査によると、長期失業者は前年比15万人減の89万人となり、5年ぶりに100万人を割り込んだ。直近のピークの2010年(121万人)から26%減り、08年以来の水準となる。長期失業者の4分の3が男性だが、男女ともに減っている。

   背景には、人手不足で企業からの求人が増えて、仕事に就きやすくなっていることがある。仕事を探す人1人に対する求人数を示す有効求人倍率は1倍を超えて、職種や賃金といった労働条件にこだわらなければ、仕事に就きやすくなっている。

   完全失業者に仕事に就けない理由を聞いたところ、「条件にはこだわらないが仕事がない」と答えた人は7%にとどまり、過去10年で最も少なくなった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中