「サービス残業」の表現は変だ、実態は「従業員軟禁」! ツイッターで「言い換え案」盛り上がる

印刷

   「ブラック企業」という言葉の浸透とともに、違法な長時間労働や残業代不払いに対する視線が厳しくなってきた。とはいえ、「職場では『サービス残業』は当たり前」といった会社は、まだまだ少なくないようだ。

   そんな「サービス残業」という言葉に対し、「まるで、社員が進んでサービスをしているかのような言い方だ」などと反発し、もっと実態を示す新しい言葉を考えよう、という動きがネットで広がり始めた。

実態が「歪曲」されている

サービス残業、か・・・
サービス残業、か・・・

   ツイッターでは、今(2015)年2月下旬頃から、「#サービス残業の名称を変えよう」というハッシュタグが盛り上がっている。このハッシュタグを付けて、サービス残業ではなく「ただ働き」、「無賃タイム」、「脱法労働」など、様々な「言い換え表現」をつぶやく人が続出。さながら、ブラックユーモアあふれる『大喜利』といった感も。

   特定の話題にまつわるツイートを編集し、まとめサイトのように閲覧できるサービス、「Togetter」では、こうした、ウィットのきいたツイートをまとめたページもできた。タイトルはズバリ、「『サービス残業』って言葉を耳を覆いたくなる言葉に変えるべき #サービス残業の名称を変えよう」(作成者アカウントは「@otanoshimi_ex」)。

   冒頭では、「サービス残業」という名前自体が、「合法ドラッグ」や「イスラム国」と同じように、「名前によって言葉のイメージが歪曲して取られている」とし、「毒々しい、耳を覆いたくなるような」表現に変えるべきだ、という内容のツイートがある。

   この意見に賛同した人たちからは、サービス残業ではなく、「同調圧力による無報酬奴隷労働」、「社畜専用奉仕活動」といった言い換え表現のほか、「従業員軟禁」という、かなり「毒々しい」案も登場した。「サービス残業」という表現に違和感をもつ人は、かなり多いようだ。

「サービスって響きはなあ・・・」

   このTogetterまとめが拡散されると、ネットでは様々な反応が飛び交った。「サービスって響きはなあ・・・うん。これはマジで変えたい」とか、「サービスをしたくてしてるんじゃないんだよな」など、賛同する意見がほとんどだ。

   「確かになぁ。自主的ですよって言わされてる感すごい。実質的な強制を伴う無賃金労働なのに」と、問題の本質に思いを馳せる人もいる。

   一方で、「サービス残業って言葉をもっと重い言葉に・・・って最近きくけど、この言葉そんな軽いかね???」と、疑問を呈する人もいる。

   すっかり根付いてしまった「サービス残業」、あなたなら、どんなふうに言い換えるだろうか。(KH)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中