2019年 10月 15日 (火)

「採用の神様」はココが違う 面接時に実践する「マジック」の正体

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   前回登場の「不機嫌を職場に持ち込まない」不動産仲介業H社のD社長訪問では、実はもうひとつ参考にすべきエピソードがありました。

   社長面談の合間に、女性取締役のT営業部長がこんな話を聞かせてくれました。

「うちの社長は『採用の神様』でもあるのです。当社規模の不動産仲介会社では採用はほとんど中途採用で、思うように欲しい人材が採用できないのが一般です。ただでさえ業界は不人気ですし、良い人材は大手さんに持っていかれるのが常なのですが、うちは欲しいと思った人材は、社長が最終面接に登場すればかなりの率で、うちに来てくれるのですよ」

根源は、ほめ言葉

褒められちゃいました
褒められちゃいました

   不動産仲介業は営業力がものをいう世界ですから、いい人材が採用できるか否か、定着してくれるか否かは大変重要なポイントになってくるのは想像に難くないところ。そんな業界にあって、社長が『採用の神様』とはなんとも心強いお話です。

   応募者側は当然、他社との掛け持ちであるケースがほとんどで、最終面接で内定が出たからと言って必ずしも自社に決めてくれるわけではありません。しかも、掛け持っている相手企業が大手企業はじめ、自社よりも知名度が高かったり待遇が良かったりというケースも間々あるのです。

   人事部長、営業部長が面接をして、OKが出た応募者に対して社長が面接するのは最終段階でのこと。そんな場面で応募者の気持ちを一気に自社に引きつける社長面接を、T部長は「社内では『社長マジック』と呼ばれています」と紹介してくれました。そう言えば、私が社員と面談した際の話の中にも、「採用面接の時に、この人が社長ならこの会社で働いてみたいと思った」という発言があったことを思い出しました。

「応募者をその気にさせる『社長マジック』ですか?」

   私の不思議そうな顔を見るや、すかさずT部長がその正体を説明してくれました。

「『社長マジック』の根源は、ほめ言葉なのですよ。面接で社長は、求職者に積極的にいろいろな質問をして、最後に必ず彼らをほめるのです。『Aさんは前向きに資格を取られたりして努力家なのですね。素晴らしいな。うちでのご活躍に期待が高まりますよ』とか、『Bさんは、これまでいろいろな会社をご経験をされているのですね。それは財産ですね。豊富な経験をぜひ、うちで活かして欲しいですね』とか。緊張の面接で社長からいきなりほめてもらうのですから、みんな嬉しそうに笑顔で帰っていきますよ。そのあと内定の連絡をすると、彼らは『お世話になります』ってふたつ返事で決めてくれるわけなのです」
大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中