2019年 11月 21日 (木)

スポーツへの取り組み度で分かる!? 「社会人の出世」と「学生時のコンプレックス」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   先日、ある知人に「出世する人の特徴」について聞いたところ、「仕事ができるヤツって、スポーツを本気で追求しているケースが多い気がする」という話になりました。これに対し、「スポーツを趣味で楽しんでる人は、あんまり出世しない」とのこと。今回は、そんな「スポーツと出世」について、男女差なども含めて考えてみます。

休日にマラソンなどに、精を出す

スポーツにも全力投球
スポーツにも全力投球

   IT企業の役員など、若くて、いかにも仕事ができそうな人たちのFacebookを見ると、休日に、ボディビルやマラソンなどに、精を出す様子が目立ちます。しかも、けっこう頑張って記録に挑戦したり、大会に出たりしている。Yahoo!(本社・東京)のように、現社長の宮坂学氏が自転車好きだったことから、サイクリングのイベント「ツール・ド・東北」の開催につなげた事例もあります。

   知人は言います。「前職の同僚が、今、出世して役員になってるんだけど、あいつはすごかったな。飲み会の後、みんなで『室内ボルダリング』(壁の突起物をつかんで、クライミングを楽しむスポーツ)をやったんだけど、そいつだけ、短時間でコツを掴んで上手にこなしたんだよ。仕事ができるヤツって、何に対しても要領の良さと執着心が強いのかもしれない」。一方で、「週末にスノボとかサイクリングなんかを、お気楽に楽しんでる人は、出世しないというか、仕事では愚痴ばっかり言ってるイメージ」とのこと。

   考えてみれば、男性だけでなく女性も、仕事ができるタイプほど、ジムやヨガで体のメンテナンスを怠らないイメージがあります。ただ、女性は多くの場合、美容と健康のために運動をしており、スポーツを「求道」している感じでは、ありません。男性の方が、よりスポーツに『執着』している気がします。忙しいのに、そこまで頑張らなくても・・・という人も、たまに見かけます。

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中