2018年 8月 19日 (日)

エジソンもびっくり 「自分は天才と思う」人が15%も

印刷

   「天才とは1%のひらめきと、99%の努力」という言葉がエジソンの名言として知られている。幼い頃に、この言葉を聞いて、「『天才』って、ずば抜けた才能をもった人というより、案外、地道に努力を重ねた『普通の人』なのかもしれない」と、ある意味『希望』を持った人もいるかもしれない。もっとも、エジソンが強調したかった点は、努力よりもひらめきの重要性の方にあったという指摘もあるが・・・

   そんなエジソンもびっくり(?)の調査結果が、このほど明らかになった。仕事の場で、結構な割合のビジネスパーソンが、「私って天才かも」と感じているというのだ。

「仕事はものすごい勢いで進みました。私って天才」

ひらめいた!
ひらめいた!

   マイナビスチューデントが、全国の社会人男女500人に対し、「自分は天才だと思っている?」と聞いたところ、「思っていない」が85.3%と多数を占めたものの、「思っている」も14.7%と、1割を超えていることが分かった(方法はウェブアンケート、2015年3月19日公表)。

   回答者からは、「仕事でうんと集中すると、おのずとクリアな答えが毎度おりてくる(男性46歳)」とか、「人より少ない勉強でも試験に合格する(女性24歳)」、「周りから『変わった発想をする子』だと言われ、今でも『変わった人』だと言われてるから(女性27歳)」など、周囲と比べて、なんらかの「個性」があると感じている人が目立つ。

   ツイッターを見ても、自分を「天才かも!」と感じている人から、

「仕事はものすごい勢いで進みました。私って天才」

とか、

「仕事が上手くいくと『自分天才だわ~~!』って言ってる。テンション上がる!」

といった声が寄せられており、盛り上がっている様子がうかがえる。

本当は誰かに「褒めて欲しい」から・・・

   日々の仕事に追われ、疲労困憊。でも、誰も褒めてくれない・・・だからこそ、「私って天才!」と思うことで、自分を鼓舞する人もいるようだ。

   ツイッターでは、

「自分で作ったお弁当、超美味しい。私って料理上手、天才・・・もぐもぐ・・・(仕事が嫌なので自分を褒めて気を紛らしてます)」

とか、

「誰も褒めてくれないから、ひたすら『さすが! さすが私! 天才かな! いえーい! ピースピース!!』って言いながら毎日、仕事生き残ってる」

という人もいた。自分で「天才」と口に出すのは、案外、モチベーションアップに繋がるのかもしれない。が、ちょっと辛そうな感じでもある。そんな自画自賛をしているのは疲れているからだ、として「しんどいときは早めに休むべきだよ! みんな!」とアドバイスする人もいた。(KH)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中