2021年 3月 7日 (日)

大塚家具「父娘バトル」で決定的に欠けていたもの

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

次世代経営者の反抗期

   F氏は頭をハンマーで叩かれたような思いだったと言います。「親を親として敬うことすらできない人間に、ビジネス界で生きていく資格はない」と言われたかのようであったと。F氏は理論一辺倒の急激な変革を思い直して、父に敬意を払いつつ時間をかけながら旧来路線の上に徐々に自分のビジネススタイルを築くことに。気がつけば父の時代よりも数倍の会社規模に成長させることができたのでした。

「その四半世紀後に、今度は息子から同じ仕打ちを受けるわけです。親父はマーケティング音痴の過去の遺物だ、ポンコツだとね(笑)。経験で勝てない分を理論で打ち負かそうとするうちに、義を忘れてしまう。年老いた父からバトンを受ける次世代経営者の反抗期です。子は、親相手だからこそ遠慮なしにやり過ぎてしまう。父は親として感情的にならずにこの反抗期を受け止め、分かるまで義を教え続けるしかないのです。2代目がダメにする、3代目が会社をつぶすと言うのは、この義を失うからに他なりません」

   紆余曲折を経て義を受け継いだ3代目は、順調に業績を伸ばしています。会社を先代から引き継ぐ、あるいは次代に経営のバトンを渡す、双方の立場での経験を踏まえたF氏のお話に、大塚家具はじめ我が国オーナー企業の事業承継のお悩み解決を示唆する策を見た気がしました。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中