「保育士」残酷物語 児童の親も「辛くなる」給与水準

印刷

   新年度(2015年)4月1日から、政府の「子ども・子育て支援新制度」が始まり、待機児童の解消などが謳われています。が、「保育園を作っても、保育士が集まらない」という話を、よく耳にします。

   以前、このコラムでは「介護士や保育士が、キャバクラ嬢になる理由」(2014年11月7日配信)として、保育士の待遇の問題を取り上げました。今回は、ツイッターで皆さんから寄せられた「リアルな声」をご紹介しながら、「保育の人材が集まらない」という問題について、もう一度、考えてみます。

「他に割のいい仕事はいくらでもある」という人も

せんせい、どこ?
せんせい、どこ?

   静岡新聞のニュースサイト、「アットエス」では、保育士不足の問題を、3回にわたって取り上げていました(「育む社会へ」2015年3月26日~28日)。記事によると、ある私立保育所に勤める保育士(27)の毎月の手取りは13万円台。40代後半の先輩は、勤続10年で、20年以上の経験があるのに、彼女の月給と約1万円しか変わらないそうです。「保育士を続けたいが、他に割のいい仕事はいくらでもある」と語る場面も。こうした内容を、ツイッターで紹介したところ、2000以上もRTされ、沢山の反応を頂きました。

   「ウチはかみさんが来年、職場復帰してもパートなので10万円以下。それと私のタクシーの歩合給と合わせて、なんとかチビすけを育て上げねばならない。そんな家庭もあります」という人もいれば、「まさに低賃金が理由で退職した保育士の知り合いが沢山います」という人も。「私の子供が行っている保育園は、0歳児クラスの担任が、今日で全員、退職か異動です。お給料を知ってるけど辛いです」という方もいました。

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中