入社して3か月までが勝負 気をつけるべき最重要ポイントとは

印刷

   新入社員が入社して1か月が経とうとしています。ネットでは既に辞めた社員がいるということが出ていました。4月は新人研修の期間なので、研修で嫌になって辞める人はいます。

   私は、朝の電車で新入社員らしき人達が「研修嫌だな~」とか「行くのだるいわ」と話しているのを目にすることもあります。こういう風景を見る度に「まだまだここからがしんどいんだけどね」と心の中でつぶやいています。

先輩、上司と良好な人間関係を築く

スタートダッシュだ!
スタートダッシュだ!

   学生から社会人になるとガラッと状況が変わります。

   学校は面倒くさかったら行かないでサボることもできますが、会社は無断欠勤できません。嫌な友達とは話さなくても良いし、電話にも出なければ良いですが、会社では仕事で必要であれば嫌な人とも話さなければなりません。

   学校では与えられることが多く、あまり自分で考えなくても何とかなりますが、会社では自分で考えて行動することを求められます。

   学校ではそれほど厳しく成果を求められませんが、会社では成果を求められます。

   学生のうちは嫌いなことは避けることはできますが、会社では嫌なことでもやらなければなりません。

   このように学生の気分でいると、今までと違う状況に放り込まれるためギャップを感じて

   「こんなはずじゃなかった」と絶望感に陥った人が辞めていくのです。

   辞めていく理由はこれだけでなく、人間関係によるところが大きいです。

   新入社員が最初にやることは先輩、上司と良好な人間関係を築くことなのです。

   何をやればいいかというと、特殊なことや難しいことではなく、ごく当たり前のことをやればいいのです。


・挨拶をする
・時間を守る
・言われたことをやる
・素直に話を聞く


   このくらいのことがちゃんとできていれば、まずはOKです。

   最終的には自分で考えて行動できるような人材になって欲しいということがありますが、段階をふんで成長していければ良いと思います。

   ちなみに最初についたイメージをなかなか覆すことは難しいので、入社してから3か月までが勝負だと思って下さい。この間に「今度入った新入社員のAさん、けっこうイイ感じだよね」というように良いイメージを持たれると、この先仕事もしやすくなると思います。

野崎大輔(のざき・だいすけ)

大学卒業後に無職、離職を繰り返し社労士として独立し、企業の労使トラブルの解決に奔走する。2013 年7 月に自律型人材育成専門コンサルティングを行うデストロイ・ジャパン株式会社の創業メンバーに加わり、専務取締役に就任。社員が自発的に行動する組織作りに注力している。単著に『できコツ 凡人ができるヤツと思い込まれる50の行動戦略』(講談社)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中