2020年 10月 26日 (月)

取引先が「駆け足で逃げていく」営業 その「自己中心的な発想」とは

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

ズレを修正する機会を持ち合せることが出来るか

   さて、こうした取引先ズレを感じる営業に関して、悩ましいのは『ズレの自覚』がないケースが大半であること。自分は取引先の気持ちがわかっている・・・と過信して、ズレが修正されずに逃げられる確率を大幅に上げてしまう。ちなみに取引先が逃げる確率が低い営業は

「当方が理解している点に間違いがあるとまずいので、確認をさせてください」

とお互いの認識を『擦り合せる』機会を小まめにつくります。ズレがあることが悪いのではなく、ズレを修正する機会を持ち合せることが出来るかどうか、が逃げられる確率を変えるのではないでしょうか?(高城幸司)

高城幸司(たかぎ・こうじ)
1964年生まれ。リクルートに入社し、通信・ネット関連の営業で6年間トップセールス賞を受賞。その後、日本初の独立起業専門誌「アントレ」を創刊、編集長を務める。2005年に「マネジメント強化を支援する企業」セレブレインの代表取締役社長に就任。近著に『ダメ部下を再生させる上司の技術』(マガジンハウス)、『稼げる人、稼げない人』(PHP新書)。
「高城幸司の社長ブログ」
株式会社セレブレイン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中