AKB総選挙に学ぶ チャイナビジネス術

印刷

   先日(2015年6月6日)行われたAKB総選挙。

   こちらで1位をとった指原莉乃さんの、握手会に訪れるファンの2割は、中国の人だそうです。本人が取材に応えました。

   投票券は、基本的に日本で売っているCDについてくるわけで、どうやって買っているのかを調べてみたら、日本在住の中国人がせっせとCDを買って、投票券をネットで売っているそうです。日本に留学している中国人大学生がお小遣い稼ぎでやっているものから、大規模なブローカーまで。

外国の人たちに自分たちのコンテンツを売る

指原さんが1位に返り咲いた
指原さんが1位に返り咲いた

   以前、中国で行われている「広州交易会」という世界最大の見本市を観に行ったときに、iPhoneのケーブルなどが安く売ってるので「これをネットで販売したらもうかるかな?」という話をしたところ、「こういう、誰にでも価値がわかる物は、速攻で中国在住の中国人と日本在住の中国人が協力してビジネスを始めちゃうから利益はでませんよ」と言われたことを思い出しました。中国人の、こういうビジネス感覚の強さはさすがです。

   そして、出演番組の数や視聴率などから、日本国内ではブームが下火になりつつあると言われているAKBですが、このような形で海外に輸出していくことで、利益を継続してつくっているのはさすがです。

   今後、人口減と高齢化で間違いなく需要が減っていく日本国内で商売をしている企業は、このように外国の人たちに自分たちのコンテンツを売る方法を考えて行かなくてはなりません。

「日本のコンセプトで現地向けにアレンジして現地で作り売る」

   また、AKBグループはさらに先手を打っており、このコラムでも2年以上前に紹介したJKT(ジャカルタ)48やSNH(上海)48など現地で、現地の人を使ったアイドルグループも作っています。

   ちなみに、SNH48はAKB48よりも可愛い子が多くてやばい、と現地を中心にネット上で話題になっています。

   そもそも、AKBがトップクラスのかわいい子を集めるというコンセプトではないのですが、中国は人口が桁違いなので、かわいい子を集めることも可能なわけです。日本のプロダクトをそのまま売りに出すAKBと、日本のコンセプトを元に現地の人材を使って現地向けのプロダクトをつくり売りに出すSNH。海外向けのビジネスを2つの方向から着々と作っている秋元康氏は、さすが天才プロデューサーと言われるだけのことはあるなと感心させられます。

   このような、「日本のモノをそのまま売る」と「日本のコンセプトで現地向けにアレンジして現地で作り売る」という商売は、今後どの業界でもやらなくてはならないことです。

   自社のプロダクトをいかにして外国人の方に買ってもらうかという点で、このAKBグループの売り方は非常に参考になる物だと思うので、ぜひ「自社でやるとしたらどうするか?」ということを考えてみてください。(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中