実質賃金は25か月連続減 5月、給与はプラスも物価上昇に追いつかず

印刷

   現金給与総額に物価の上昇を加味した実質賃金が、25か月連続の減少となった。厚生労働省が2015年6月30日に発表した5月の5月の毎月勤労統計調査(速報、事務所規模5人以上)によると、物価の伸びに賃金が追いついているかを示す「実質賃金指数」は前年同月と比べて0.1%減となった。物価の上昇に給与の伸びが追いつかない状況が続いている。

   1人平均の現金給与総額は前年同月より0.6%増えて26万8389円だった。基本給などの所定内給与は0.3%増の23万9897円、残業代などの所定外給与は1.6%減の1万8828円で、所定内給与と所定外給与をあわせた「決まって支給する給与」は0.1%増の25万8725円。ボーナスなどの「特別に支払われた給与」は19.3%増えて9664円となった。

   現金給与総額を就業形態別にみると、一般労働者は0.7%増の34万1131円、パートタイム労働者は0.5%減の9万5418円となった。総実労働時間は2.7%減の139.3時間だった。

   また、常用雇用者数は2.0%増の4772万9000人。このうち、一般労働者は1.8%増の3357万3000人、パートタイム労働者は2.3%増の1415万7000人となった。

上がらないな・・・
上がらないな・・・
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中