2020年 9月 21日 (月)

SOS!職場の冷房が壊れた!! 酷暑を乗り切るための対策

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   今年(2015年)の夏も暑い。ニュースでは連日全国各地の気温が取り沙汰され、熱中症になってしまった人の話も絶えない。

   この猛暑を乗り切るための最も重要な手段の1つが「冷房の活用」だが、もし日中の大半を過ごす職場の冷房が壊れてしまったら・・・。そんな恐ろしい事態に見舞われてしまった人のSOSがネット上に書き込まれている。

予算が下りず修理もままならない

職場が灼熱地獄!
職場が灼熱地獄!

   Q&Aサイト「発言小町」に、「職場の冷房が完全に壊れました」という、想像するだに恐ろしいタイトルのトピックが投稿された(2015年7月22日)。

   投稿者の職場では、投稿日の前週から冷房の調子が悪くなり、この週から全館完全に止まってしまったそう。業務用の特殊なエアコンで、室外機だけでも修理費が何百万とかかるため、すぐには予算が下りず改修工事もできないという。

「室内温度は毎日30度からさがりません、体調を悪くする人も出ますがどうしようもありません。自己防衛の度を超えており、窓を開けても日中は熱風が入り込むため逆効果です。14時、15時過ぎが一番地獄です。毎日暑さでグッタリしてしまい、仕事が終わっても家事が辛くて思うようにできません」

と、だいぶ危険な状態になってしまっているようだ。

「テレビでは高温注意報が出て、適切な冷房の使用を呼びかけているのに、工事も簡単にままならない会社に憤りを感じます。壊れる前に毎年点検をして、使用年数も守るべきだったのではと思います」

と職場への怒りが募っているようで、「何かのきっかけで退職に自分を追い込んでしまいそう」と思いつめている。「このやり切れない気持ちをどうしたらよいのかアドバイスお願いします」と、意見を求めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中