「育休延長を却下」の上司にブチ切れ 「ハラスメント」と怒る女性に逆批判が殺到

印刷

   育児休暇制度もかなり浸透し、職場の同僚が同制度を利用して休みに入った、という人も多そうだ。育児介護休業法では、子どもが1歳まで(両親ともに育休を取得した場合は1歳2か月まで)休暇を請求できるが、保育所に入所できなかったなどの理由があれば1歳半まで延長できると定められている。

   法律で認められているとはいえ、「育休延長」を利用しようとする人にはまだまだ風当たりが強いようだ。ネット上には延長を求めた際の上司の対応への怒りの声が投稿されているのだが、こうした声に対しても批判が多数寄せられている。

復帰予定の月に保育園に入れず・・・

法律で認められているのに・・・
法律で認められているのに・・・

   女性向け掲示板サイト「GIRL'S TALK」に、「会社の上司に腹わたが煮えくり返ってます!!!!育休延長ってそんなにダメですか!?」という怒りに満ちたトピックが立てられた(2015年8月23日)。

   投稿者はこの12月に復帰予定だったが、待機児童が多い地域で、12月には保育園に入るのが無理と言われ、4月もキャンセルが出ないと難しいと言われたという。認可外の保育園は最低でも入園に6万5000円かかり、こちらも「4月からは入れるかなぁ・・・」という状態だそうだ。

   「旦那はいないに等しく、母はいるのですが頼りになりません。1人で子育てしている状態です」という投稿者。来年4月までの育休延長を上司に掛け合ったところ、

「一応、育休は1年間の約束。あなた(私)が育休で休んでいる間は一応在籍の形になるから、人が足りてなくても新しい雇用は会社側としてはできない。小さい子がいる場合、できるだけ家の近くの勤務で考えてるのに、延長したらそれも無くなるかもよ?」

と言われた。「これって・・・ハラスメントですよね!?」と怒っている。

   女性が多い会社にもかかわらず、理解がないと感じたようで、

「産休に入る前にも嫌味を言われたのですが、また言われました。確かに働かせてもらってる身分で会社を休んで迷惑かけてるのは確かです。働きたくなくて延長希望してる訳でもなく、色々私なりにどぉしたらいいか調べてみて難しいから言ってるのに...あーーーーーーーーめっちゃ腹立つんですけどっっっっっ!!!!!!」

と、気持ちがおさまらないようだ。

「法律振りかざすのは違う」「自分で動かなきゃ」

   コメント欄には、

「次話す時はボイスレコーダー持っていく。預け先ないのに復帰できるわけがない。育休の延長だって時短だって法律で定められてるのに」
「保育園とれないなら育休はもっと長くとれるべきだし、ぱぱさんの育休ももっととりやすくするべき。(中略)いつまでもはたらきたい、働かなければならないママさん達への理解がすすまない。怒って当然の出来事だとおもいます。早くこの国がかわることをねがいます」

と、投稿者へのエールやアドバイスも書き込まれている。しかし、

「妊娠中から保活、保育園入りやすいように引っ越しなど・・・今の日本で女性が仕事も子供もとなると、皆これくらいはしてますよね・・・。育休延長が法律で認められていたとしても、法律振りかざして、周りに迷惑かけるのは違うと思います。育休が1年の約束なら、何が何でも1年で戻るべきです」
「待機児童が多い地域で12月に入所できるわけないこと、初めからわかりますよね。もっと早く復帰するとか、4月復帰にするとか方法はあったはずです。育休延長して入れなかった場合どうします?なんとかして戻ろうとしないですか?制度を振りかざし、自分の事前の調査や準備不足を棚にあげて会社や担当者ばかり責めるのは違うと思います」
「『旦那はいないに等しく』・・・こんなに簡単に一言で表せるレベルのご主人と、どうしてお子さん産んでその後働きに出ると決意したのか解りません。会社うんぬんの前に夫婦でまずは子育てについて考えてから子供を設けるべきかな?と思います」

などなど、投稿者に対する批判が相次いで寄せられている。

   法律で認められているとはいえ、延長への風当たりは強そうだ。コメントにあったように「この国がかわる」日は、いつになるのだろうか。(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中