2021年 5月 8日 (土)

「ブラックバイト」に泣き寝入りしない 有効な3つの対策とは

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

まだまだはびこっているブラック企業

(3)社名を公表する

   本当に悪意ある店や会社なのであれば、証拠をとったうえで社名を公開しよう。

   ブラック企業の悪事は「スピード違反」と同じで、

「なんとなく違法とは分かってるけど、みんなやってるし、捕まらないし、万一捕まったとしても罰金払えばいいんでしょ」

などと開き直ってやっているものだ。

   日本の労働関係の法律は細かく整えられているほうだが、まだまだブラック企業ははびこっている。ブラックの抑止力として法律が充分機能しないのであれば、社名公開のほうが手っ取り早く有効である。

   社名公表によってアルバイトも社員も客も集まらなくなれば、その店や会社は必然的に消滅する。労働市場も資本主義のルールの下で動いているのだ。悪意あるブラック企業には、市場から然るべき報復があるべきなのだ。

   今回の事例では、レインズは会見翌日、リリースを発表。「事実関係を精査したうえ、適切に対応して参る所存」などとコメントした。以降も「第4報」(9月16日)まで順次、リリースを公表し、たとえば「第3報」では、「フランチャイズ本部として、加盟企業のコンプライアンスへの更なる意識強化、(略)のための具体的な対策を検討し、再発防止に向けて全力をあげて取り組んでまいる所存」としている。

   レインズ側にしてみれば、「あくまで加盟企業がやったこと」と言いたいところだろうが、フランチャイズ本部としては店舗の指導や運営サポートも責務であるから、説明責任は免れないだろう。

   ユーザーが安価で食事を愉しめることは有難い限りだが、それが過酷な労働という犠牲の上に成り立っているものであってはいけない。今後の進展を見守りたい。(新田龍)

新田 龍(にった・りょう)
ブラック企業アナリスト。早稲田大学卒業後、ブラック企業ランキングワースト企業で事業企画、営業管理、人事採用を歴任。現在はコンサルティング会社を経営。大企業のブラックな実態を告発し、メディアで労働・就職問題を語る。その他、高校や大学でキャリア教育の教鞭を執り、企業や官公庁における講演、研修、人材育成を通して、地道に働くひとが報われる社会を創っているところ。「人生を無駄にしない会社の選び方」(日本実業出版社)など著書多数。ブログ「ドラゴンの抽斗」。ツイッター@nittaryo
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中