中国経済の減速、「経営にマイナス」64% 日経・社長100人アンケート

印刷

   中国経済の減速について、国内主要企業の経営者の64.1%が経営にマイナスの影響を及ぼすと警戒している。日本経済新聞社が2015年9月27日にまとめた「社長100人アンケート」でわかった。中国経済の減速が「自社の経営にややマイナスだ」とする回答が44.5%、「マイナスに影響する」が19.6%で、あわせて64.1%に達した。28日付で同紙が報じた。

   現地での販売減や訪日客消費の減少などが懸念材料で、マイナス影響の具体的な内容を2つまで聞くと、「中国での販売減少」が68.4%で最多。次いで「中国向け輸出減少」が32.6%だった。訪日客の買い物が減少するとの回答も16.8%あった。

   中国での減産や人員削減を検討している経営者もいたが、減速する中国経済への対策を聞いたところ「現状維持」が46.3%で最も多かった。

   一方、日本の国内景気については足踏みしているとの見方が55.4%で過半となった。6月の調査では「拡大している」が92.6%を占めており、国内景気も慎重な見方が増えた。

   ただ、国内景気の先行きについて、半年後に「改善の兆しがある」とみる経営者が41.9%を占めた。「よくなっている」との強気な見方も18.9%あった。

どうなる中国経済
どうなる中国経済
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中