2020年 5月 31日 (日)

入社初年度から「営業成績1位」 そんな彼が実践しているコト

印刷

行動を増やそう

   海外で働く事の面白さは、「前例がない」ことです。だれも、どうすれば正解かがぜんぜんわからない。だから、とにかくやってみることで成果が出たり出なかったりする。正解の方法がわからないってことが、「失敗してもとりあえずやる」ということにつながっていくことです。

   これは、海外だけの話かと思っていたのですが、このO君の話を聞いて、日本国内でも同じだと言うことに気付きました。とくに、変化の激しいこの時代、正解なんかはどこにもない。だから、失敗を恐れずに動いてみることが大切なんです。

   「カンボジアでカレー屋」みたいな大胆なことをすることが必須、というわけではありません。みなさんも、いつもの仕事の中で「やる前に考える」時間を少し減らして、「行動を増やす」ということを心がけてみてください。

   きっと、O君のように結果はあとからついてくると思います。(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中