2019年 12月 15日 (日)

部下が上司に「チュウしてあげたいくらい!」 そんなに喜ばれる「差し入れ」とは

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   天高く馬肥ゆる秋。仕事の合間のコーヒーと差し入れのお菓子が美味い――そんな季節にぴったりのアンケート結果が出た。

   就業中に「おやつOK」と回答した人は7割超で、「部下とおやつ(お菓子)のやりとりをする」ことを肯定的に捉える上司は約8割に及ぶなど、和気あいあいと「おやつタイム」を楽しんだり、楽しみたいと考えたりしている人が多い様子がうかがえる。

「就業時間中におやつOK」7割超

さあ、コーヒーブレイク
さあ、コーヒーブレイク

   オリジナル菓子の活用や企業のトータルブランディングを手掛けるESSPRIDE(東京都渋谷区)が実施した、おやつと社内コミュニケ―ションに関する調査の結果によると、「職場で就業時間中におやつを食べることができる」と回答した人の割合は72.6%だった。「できる」かどうか、あいまいな「どちらともいえない」との回答も10.3%あり、「社内規定は明確ではないが、おやつを楽しんでいる」人もいるようだ。

   また、中間管理職への質問で、部下とのコミュニケーションとしてお菓子をあげる(もらう)ことについて、「良いと思う」と回答した割合は82.7%もいた。部下に「上司との~」を聞いた質問でも、72.3%が「良いと思う」と回答。上司、部下ともに歓迎派が多数を占めており、差し入れのおやつが会社内でのコミュニケーションの手段として、かなり肯定的に捉えられていることがわかる。

   調査は、中間管理職300人、一般社員300人の計600人の男女を対象にインターネットで行い、2015年9月25日に結果を発表した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中