2019年 10月 19日 (土)

「置き去り」車掌が走って、電車に追いついた! 「すばらしい」VS「そこまでやるべき?」の声

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   京浜急行電鉄は2015年10月14日、京急本線の北品川駅で、普通列車が車掌を「ホームに置き去り」にするトラブルが起きたと発表した。まだ若い21歳の車掌は、列車が駅から出発する際、アナウンス用のワイヤレスマイクを誤ってホームに落としてしまった。そのマイクを拾っている隙に、電車が発車してしまったという。

   各社の報道によれば、車掌が駅の事務室から運行を管理する司令に相談したところ、「すぐに次の停車駅の新馬場に向かうよう指示され」、約700メートルの距離を革靴の制服姿で疾走。次の駅で列車に追いつき、電車は、約5分遅れで運行を再開した。このニュースに、ネットでは賛否両論が相次いだ。

「ナイスガッツ!」

走るといっても・・・
走るといっても・・・

   「疾走車掌」の件が各メディアで報じられるやいなや、ツイッターでは「素晴らしい!」「すげー!」など、若き車掌を賛美する声が相次いでいる。

   「必死で走ったなんて、すばらしい。応援しますぞ!」とか、「さすが我らの京急!(笑)電車も速いが車掌も速い?」「個人的には『ナイスガッツ!』とたたえたい。必死に頑張った!」など、業務遂行のため、必死に走った車掌を称えるツイートが多い。

   21歳の車掌の頑張りを、「頭ごなしに怒れない可愛さw」と、ほのぼのしているらしき感想も、結構見つかった。「この車掌の業務忠誠心は車掌の鏡になりうる。京浜急行は『社長賞』を検討すべきだ!」と、熱くなっている人もいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中