2020年 9月 19日 (土)

「ダラダラ残業」の原因 悪いのは社員の方なのか

カンタン約1分!あなたの健康に関するアンケートのお願い

   「長時間仕事している人が頑張っている、偉い」という価値観は古くなりつつあり、「ダラダラ残業」を問題視する声は日増しに大きくなってきている。

   そんな中、カルビー代表取締役会長兼CEOの松本晃氏が「ダラダラ残業なんてやめなさい」と発言。やはりこれを支持する声が多数か・・・と思いきや、反感の声も目に付く。

「残業なんてやめなさい」

ほんとは定時に帰りたいけど・・・
ほんとは定時に帰りたいけど・・・

   松本氏の発言が掲載されているのは、ウェブマガジン「WEDGE Infinity」のインタビュー記事だ(2015年10月5日公開)。

「ダラダラと残業しているあなたへ 僕はあちこちでいつも言うんです。残業なんてやめなさいって」

という呼びかけで始まる記事は、自身が20、30代の頃に遅くまで残業して多くの残業代が支払われた時、「会社にずっといる人のほうがいいわけですよ。でも、それをみて、こんな人をだめにするもの、やめたらいいのに」と思った経験を紹介している。

   仕事以外の時間で知識や教養を身に付け、家族と過ごす時間を大切にし、健康でいるために努力するといったことを蓄積して、人間はどんどん優秀に、魅力的になっていくという持論を展開。

   そして残業代などいらないくらい大きく稼ぐには、自分を高く売るために他人からの評価を上げることが必要で、そのためには目標設定すべきだとして、

「みなさんも、ぜひ自分の時間を確保して、その時間の中で自分の価値を高めて、自分の人生の目標を達成していってください。一番大事なことは時間。仕事は無駄なことからやるのではなく、やらないといけないことから着手してください」

と呼びかけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中