就活ルール、また見直し 「6月選考解禁」が有力

印刷
また変わるってサ
また変わるってサ

   日本経済団体連合会は2015年から導入した大学生の就職活動のルールを再度見直し、面接など企業による選考の解禁時期を、現行の8月から前倒しする方向で調整している。10月26日付の日本経済新聞などが報じた。2か月早めて、6月を新たな解禁時期とすることが有力とされる。現在の大学3年生が対象の16年の採用から適用する。日本商工会議所も10月にまとめた提言で、「6月解禁」を求めていた。

   経団連は15年から就活ルールを変更。企業による説明会の日程を従来の12月から3月に、面接などの選考を4月から8月にそれぞれ遅らせたが、就職活動が結果的に長期化したことに加えて、日程を守らない企業が相次いだ。

   一方、15年の就職活動をめぐる民間の調査では8月への日程変更で「マイナスの影響が大きかった」などと回答した学生が約8割に達していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中