2018年 9月 20日 (木)

実質賃金、また増えた 9月調査で「残業代など」も増

印刷

   現金給与総額から物価変動の影響を除いた、2015年9月の実質賃金が前年比0.5%増だったことが、厚生労働省が11月9日に発表した毎月勤労統計調査(9月速報、従業員5人以上)でわかった。

前年比3か月連続のプラス

夏ボーナスは減
夏ボーナスは減

   実質賃金は7月に2年3か月ぶりにプラスに転じ、これで3か月連続のプラスとなった。伸び率は拡大。物価を上回る賃金の伸びが維持されたが、一方で夏のボーナスが前年比2.8%減と2年ぶりに減少した。

   一方、従業員1人あたり平均の現金給与総額は前年同月比0.6%増の26万5527円で、3か月連続で増えた。ベースアップによって基本給が増えている。残業代など基本給以外の給与も増加し、賃金を押し上げた。

   基本給や家族手当にあたる所定内給与は0.4%増の24万538円で、7か月連続の増加。残業代など所定外給与は1.4%増の1万8997円、ボーナスなどの特別給与は14.0%増の5992円だった。

   現金給与総額を就業形態別でみると、正社員などフルタイムで働く一般の労働者が0.8%増、パートタイム労働者は0.5%増だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中