専業主婦にストレスあるの? 働く女性が「批判でなく疑問」

印刷

   女性の社会進出が叫ばれる現代だが、「専業主婦願望」は意外にも根強い。キャリアデザインセンター(東京・港区)が実施したアンケート(2015年7月16日公表)では、20~30代の働く女性の52%が「過去に『専業主婦になりたい』と考えたことがある」と回答した。

   働く女性からすると、正直「働かずに生活できるなんてうらやましい・・・」という気持ちがあるかもしれないが、専業主婦には専業主婦なりのストレスがあるようだ。

「時間に追われず、心に余裕が生まれるのでは」

意外とストレス溜めてるんです
意外とストレス溜めてるんです

   Q&Aサイト「Yahoo!知恵袋」に、これから専業主婦になる予定の女性から「専業主婦のストレス」をたずねる投稿が寄せられている(15年11月3日)。

   投稿者は出産を機に退職するが、主婦のストレスが「今のところ想像がつきません」とのこと。

   仕事では自分のミス一つで多くの人や客に迷惑をかけたり、残業から帰ってきて満足に家事ができなかったりということもあるが、主婦になれば

「自分のミスで多大な人に迷惑をかけることもありませんし、時間に追われず思う存分家事をすることができます。心に余裕が生まれそうですよね?」

と考えているようだ。

「なぜストレスがたまるのか分かりません。専業主婦の方を批判しているわけではなく、素朴な疑問です」

と、意見を求めている。

専業主婦の4適性とは

   回答者からは、

「孤独でしたよ。友達もいない場所で、赤ちゃんの世話。大人と話せる職場があることはとても良いです。私は専業主婦にはなりたくない」
「我が家の場合は使ったら片付けない 整理整頓が出来ない事で 掃除機使うにも先ず整頓してから・・・ 飲んだコップも当たり前のようにリビングのテーブルに朝置いてあって、朝から片付けを・・・旦那は事務所に3個くらいはコップを毎日持って行く 持って来たらコーヒーとか牛乳とか底で固まっていたり、余計な手間がかかる イライラします。家政婦みたいなもんですよ」
「他の専業主婦の方はどうかわかりませんけど、私は閉ざされた世界で日々家族以外の誰とも話せないってことがすごくストレスでしたね。社会から孤立してるようでふと考えるとすごく焦りました。これが一生続くのか?って思ったらすごく寂しくて」

など、実体験が数々寄せられている。外で働いていても主婦として働いていても何らかのストレスは避けられないようだ。

   父母向けサイト「パピマミ」では、自分が専業主婦と兼業主婦のどちらに向いているかチェックできる4項目が紹介されている。

   専業主婦に向いているのは「一人でいることが好き」「予定がなくても苦痛ではない」「趣味がたくさんある」「家事が好き」な人。

   一方、向いていないのは「誰かと常に関わっていたい」「メリハリある生活を送りたい」「自分のお小遣いが欲しい」「社会とつながっていたい」人、としている。(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中