2018年 8月 20日 (月)

バイトには酷な要求? 「客にとっては社員と一緒」

印刷

   アルバイトやパート、派遣などの「非正社員」が増え続けている。厚生労働省の「就業形態の多様化に関する総合実態調査」(2015年11月4日発表)によると、労働者全体に占める非正社員の割合が14年、初めて4割に達した。

   非正社員の割合が増え、その分非正社員に降りかかってくる仕事の量や責任も大きくなっているようで、非正社員の中には、それに不満を持つ人がいるようだ。

バイトという立場に甘えるべからず?

社員とバイトは違う!
社員とバイトは違う!

   女性向け掲示板サイト「GIRL'S TALK」に、「社員の女店長に『社員もバイトも同じ人間なんだから、社員なんだから...って言わないで!』って言われました」という愚痴が投稿されている(15年11月18日)。

「社員とバイトは違うよね?(社員は)責任だってある分、お給料だって安定して貰えてるし、ボーナスだってある」

と主張する投稿者。

「なのに、バイトにまで社員と同じ仕事量を求める女店長ってどうなの?」

と、疑問に思っているようだ。

   コメント欄には、

「私の職場は『お客様は、店員が社員だろうが、学生だろうが、バイトだろうが、フリーターだろうが、ベテランだろうが、新人だろうが関係ありません。満足のいく接客だけを求めています。言い訳する暇があるなら努力しましょう』って感じです」
「会社の制服を着て働いている以上(制服がなくても)お客様にとっては社員もパートも関係なくそのお店の従業員なのだから、店長の言う事は間違っていないと思います」

など、「バイトという立場に甘えるな!」という書き込みが投稿されている。

「社員とバイトは全然違う」の声も

   こうした厳しい意見が寄せられる一方、

「社員とバイトは全然違う。同じように給料もらってれば仕事だって頑張るし、ボーナスなんてないのに言ってる事がおかしい!」
「私は主様の考え、間違ってないと思いますよ。そうやって雇用形態が違うのに同じ量の仕事を求められ、また律儀にそれに応えるから日本の労働環境はいつまで経っても向上されないんだと思います」
「社会人として責任もってやらなきゃいけないのはわかる。でも同じ仕事しても給料がやすいしね...それでおなじだけ責任持てっていわれてもなぁ~」

など、投稿者に同意する声も多く書き込まれ、賛否両論入り乱れて盛り上がっている。(MM)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中