2021年 9月 23日 (木)

「ブランド物好き」経営者にありがち 「会社を滅ぼしかねない」発想法

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

「名門」というブランドに頼った取引展開だったのか

   ある時にT社長とサシで杯を傾ける機会があり、社長がなぜブランド品ばかりを身につけているのか、酒の勢いも手伝って思い切って尋ねてみました。

「別にブランド品だから買っているわけじゃない。単純にモノが良いから着ているのですよ。昔から『安物買いの銭失い』って言うでしょ。ブランド物は確かに高いけど、中身は間違いない。1枚1000円のTシャツや1本2980円のスラックスなんて、身につける人の気が知れませんね。安物ばかりを身につけていると、人間まで安くなっちゃいますよ」

   いつも安物を身につけている私に対するアテツケじゃないかと思うほど、自信に充ち溢れた物言いに反論の余地は全くありませんでした。

   それから5年ほどの後のことです。退職した私の耳にS社倒産の報が入ってきました。納品先中堅商社の倒産の煽りを受けた連鎖倒産であったと。たまたま、とある会合で顔を合わせた知り合いの経営者が教えてくれました。

「リーマンショックの影響で主要先への販売が落ち込んで、地域の名門貿易商社を頼って新規ルートの開拓を盛んに行っていたのですが、信じて取引を拡大していたその商社が実はやはりリーマンショックで傷んでいたのです。一部地元経営者の間では、あの商社は名門かもしれないが危ないと囁かれていたそうなのです。お父様を早くに亡くされて、仕事の本質を教えてくれる人がいなかった2代目の不幸なかもしれませんね」

   T社長の「ブランド志向」は、自身が本質を見極める術を持たないが故の護身策だったのかもしれない。そして、「名門」というブランドに頼ったが故の本質を見失った取引展開が、命取りになったのかもしれない。私はそう思わずにはいられませんでした。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
できる人だけが知っている仕事のコツと法則51 エレファントブックス新書できる人だけが知っている仕事のコツと法則51 エレファントブックス新書
大関暁夫

エレファントブックス 2012-11-19
売り上げランキング : 102028

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中